FC2ブログ

記事一覧

フジの緑なし

W8時代のフジの箱は、多分これで終わりになります。でも、ここのところフジの箱の記事をあまり書けないできました。それには理由がありまして、どうしてもよく分からない点があるのです。

それで、こんな題名をつけているのですが、フジの8ミリ箱・リールともに、コーポレートカラーである緑がない時代があります。その最初が、こちらのキューピーの箱だと思います。
fujicupieBW_01.jpg 

裏面も、リールも緑ではありません。
fujicupieBW_02.jpg 

fujicupieC_01.jpg

この箱はシングル8と兼用ですが、こちらにも緑はありません。今は画像が手元にないのですが、フレームの部分が青で写真が白黒の箱もあって、確かそちらも緑はなかったと思います。
FUJISWC_01.jpg 

フジはW8の時代はプラスチック箱を除いて横開きの箱でしたが、シングル8の箱になると上開きになります。

ひとつ前の赤ちゃん箱からの続きで、キューピーの箱が1964年頃、シングル8兼用の箱が1965年4月以降、と考えればいいのかな、と思うのですが、何があったんだろう、とつい思ってしまいます。

写真の雑誌を中心に、フジの広告を見てみたのですが、写真用のフィルムのパッケージの色は緑、シングル8の商品パッケージも緑です。だけど、なぜか現像後の箱とリールだけ緑なし。
こういうことに何かうまい言い方があるはず、と思いながら、私の頭の中には「きつねそばのお揚げなし」という言葉しか浮かばないのですが(^^;)、不思議だなぁと思います。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kogatasha0808

Author:kogatasha0808
文京区千駄木で活動しているコガタ社と申します。
ご家庭や地域で保管されている8ミリ・16ミリフィルムを中心に、状態や内容の調査、機材貸出・メンテナンスなどをお引き受けしています。
ここでは、主に小型映画について時おり調べたことを書いていきたいと思います。

検索フォーム

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスカウンター