FC2ブログ

記事一覧

富士フイルムのロゴ その2

フジの8Z4箱の次は、多分この赤ちゃん箱だと思います。
fujibabyC.jpg 

fujibabyBW.jpg

この箱には、これまでのフジの8ミリ箱とは違う特徴がいくつかあります。

(1)機材が載っていない
表にも、裏にも、フジの8ミリカメラや映写機は掲載されていません。そのため、年代を特定するのが難しかったのですが、(3)に助けられました。

(2)カラーは赤、は変わらないが、白黒が黄色から青に変わっている
これまで、文字や箱の帯の部分の色は、カラー=赤、白黒=黄色でしたが、白黒だけ青に変わりました。

(3)楕円に「FUJI FILM」のロゴがある
これまではパッケージの色が緑になる前から使われていた、太いゴシック体の「FUJI FILM」が箱の側面などにデザインされていましたが、この箱以降、楕円ロゴが入るようになります。
fujibabylogo.jpg 

それで、やっとその2です(その1はこちらです>>富士フイルムのロゴ その1)。

今回も、雑誌広告に載っているロゴから洗い出そうと思っていたのですが、しばらく楕円に「富士フイルム」が続くことが分かって、どうしよう・・・と思っていたところに、商品パッケージを見てはっと気がつきました。

1963年11月に発売された8ミリフィルム、フジカラーASA25の商品パッケージには、楕円に「FUJI FILM」が入っています。それより前に発売されている8ミリフィルムの商品パッケージには、楕円ロゴはありませんでした。

1963年10月に発売した35ミリカラーネガフィルム、フジカラーN64の箱にも、楕円ロゴがデザインされています。こちらも、これより以前に発売されているフィルムのパッケージには、ロゴはありませんでした。

写真の雑誌に載っているフジの広告は主にカメラが中心で、フィルムの宣伝が少ない上に、パッケージが載っていても、その三面分しか見えていないので、別の面に楕円ロゴがあるかもしれない、という心配はあるのですが、ひとまず、商品パッケージのロゴに合わせて、赤ちゃん箱は1963年末以降と考えておきたいと思います。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kogatasha0808

Author:kogatasha0808
文京区千駄木で活動しているコガタ社と申します。
ご家庭や地域で保管されている8ミリ・16ミリフィルムを中心に、状態や内容の調査、機材貸出・メンテナンスなどをお引き受けしています。
ここでは、主に小型映画について時おり調べたことを書いていきたいと思います。

検索フォーム

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

アクセスカウンター