FC2ブログ

記事一覧

富士ネオパン16ミリ・8ミリの発売時期

あまり細かいことにこだわり過ぎるのはよくないと思うのですが、でも知りたい・・・ので、富士フイルムのネオパン16ミリ・8ミリフィルムの発売時期について調べてみました。そもそもは、前に書いた「続 さくらU.S.パンクロの発売時期」で引用した『映画技術』24号(1952年10月発行)に、「11月初旬を期して富士フィルムの反転用フィルム「ネオパンS」が16mm及び8mm両サイズに亙って発売されることになった。」と載っていたこ...

続きを読む

六和みのりフィルム

『小型映画』などを読んでいると、W8の時代はいろんなフィルムの記事や広告を目にします。いつかきちんとまとめてみたいのですが、その前にちゃんと調べたいのが六和の「みのりフィルム」です。六和について、印刷図書館のブログで知ることができました。ありがたい・・・印刷図書館倶楽部ひろば 団塊世代に懐かしのライトパンフィルム、みのりフィルム小西六の社史『写真とともに百年 普及版』に、「小西六および富士写真フイル...

続きを読む

ヒノマルフィルム

弊社は、もとはNPO法人映画保存協会の小型映画部から独立して今に至っています。8ミリの箱を集めるのは、その頃からしていました。フィルムを撮影した年代が、箱からでもわかるようになったら、という気持ちから始めたことです。その時に、今回のヒノマルフィルムの箱を見ることができました。画像はこちらに掲載されています。ヒノマル Hinomaru戦前の『キネマ旬報』には、毎号ではないのですが、「アマチュア映画欄」のページが...

続きを読む

戦時下の小型映画

なかなか調べものをする時間がなくて、記事を投稿できませんでした。引き続き、小西六さくらのことを知りたくて、同じ時代をグルグルと回っていますが、その過程で、日本小型映画協会が発行していた雑誌『小型映画』を見ることができました。日本小型映画協会のことは小西六の社史にも載っていました。それ以前に存在していた、さくら小型映画協会、オリエンタルシネマ協会、日本パテ―シネ協会などを統合して1940年10月に発足した...

続きを読む

プロフィール

kogatasha0808

Author:kogatasha0808
文京区千駄木で活動しているコガタ社と申します。
ご家庭や地域で保管されている8ミリ・16ミリフィルムを中心に、状態や内容の調査、機材貸出・メンテナンスなどをお引き受けしています。
ここでは、主に小型映画について時おり調べたことを書いていきたいと思います。

検索フォーム

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

アクセスカウンター