FC2ブログ

記事一覧

富士フイルムのロゴ その2

フジの8Z4箱の次は、多分この赤ちゃん箱だと思います。  この箱には、これまでのフジの8ミリ箱とは違う特徴がいくつかあります。(1)機材が載っていない表にも、裏にも、フジの8ミリカメラや映写機は掲載されていません。そのため、年代を特定するのが難しかったのですが、(3)に助けられました。(2)カラーは赤、は変わらないが、白黒が黄色から青に変わっているこれまで、文字や箱の帯の部分の色は、カラー=赤、白黒=...

続きを読む

さくらの100ft箱

『8ミリ 小型シネマンスリー』の1961年6月号に、すごい記事がありました。古関敬三さんの「さくらカラーニュータイプ使用記」です。一部を引用します。「現像があがって帰ってきたものをみますと、先ず第一に箱とリールの相違に気がつきます。30メートル(100フィート)巻の大きなリールとなり、富士のものと同一サイズになりました。箱は赤を主とした黒との二色のもので、録音テープと同一型式の箱で、しっかりしていて具合が良い...

続きを読む

フジの8Z4箱

100ftリール箱の後、フジはリールを50ftに戻して、箱も小さくなりました。その最初がおそらくこの箱になると思います。女性の横顔の隣にあるカメラは、フジにとって2台目の8ミリカメラ、フジカ8Z4で、1961年11月の発売です。そうすると、この箱はだいたい1962年以降に使われていたのだろうと推測しています。リールは100ft箱時代と同じ、緑色です。この箱も実は2種類あります。(1)側面が「TITLE」欄、裏面が「MEMO」欄で白ヌキ四...

続きを読む

さくらのふた付きリール

さくらの8ミリ50ftリールは、いつ頃からか分かりませんが、このクリーム色のものが使われていました。フジと同じく、金属製の缶に入っていることが多いです。途中で、ふたと一体型になっている、(見ようによっては)アルファベットのCの形をしているリールに変わります。ふたは軽くひねると開きます。白いふたの表面は何も加工されていませんが、水色のふたには表面に「SAKURA FILM」、「TITLE」、「No.」という文字がエンボス加...

続きを読む

フジの100ft箱

プラスチック箱の後、富士フイルムは緑色の100ftリールと箱を採用するようになります。100ft用の箱は3種類、どれもカラーと白黒両方あります。(1)映写機最初はこの箱だと思います。真ん中にある映写機は、色や形から、1958年10月発売のフジにとって2台目の映写機、フジスコープサウンドではないかと思います。(2)虎(3)ケーキこの二種類はどちらが先か分かりませんが、裏面が共通していて、1960年11月発売のフジにとって最初...

続きを読む

プロフィール

kogatasha0808

Author:kogatasha0808
文京区千駄木で活動しているコガタ社と申します。
ご家庭や地域で保管されている8ミリ・16ミリフィルムを中心に、状態や内容の調査、機材貸出・メンテナンスなどをお引き受けしています。
ここでは、主に小型映画について時おり調べたことを書いていきたいと思います。

検索フォーム

カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

アクセスカウンター