FC2ブログ

記事一覧

三吉写真興業・吉川商会の手がかり

旭日写真工業製と思われる、8ミリのヒノマル・クーパーフィルムを発売していた三吉写真興業と、16ミリのラグハ・クーパーフィルムなどを出してた吉川商会は同じ所在地(東京市京橋区銀座1-5)という記事を以前に書きました。その手がかりをつかめそうな記事や広告が、『日本写真興業通信』にありました。1940年1月1日号(101号)に東京府北多摩郡久留米村にある興建写真フィルム工業所から「コーケンフィルム」が近日発売、という...

続きを読む

ヒノマルフィルムふたたび

少し前に、別のことを確認したくて読み直していた小西六の社史『写真とともに百年』(普及版)の「国産フィルムのはじめ」の章に、以下のようにありました。その後も、旭日写真工業はパックフイルム、ASKプロセスフィルム(昭和四年)、トキワフィルム、ASKエツキスレーフィルム(昭和五年)、トキワハイクローム9.5ミリフィルム、菊パンクロフィルム(昭和九年)、菊Aクロームフイルム(昭和十一年)、ヒノマル8ミリシネフィルム...

続きを読む

ヒノマルフィルム

弊社は、もとはNPO法人映画保存協会の小型映画部から独立して今に至っています。8ミリの箱を集めるのは、その頃からしていました。フィルムを撮影した年代が、箱からでもわかるようになったら、という気持ちから始めたことです。その時に、今回のヒノマルフィルムの箱を見ることができました。画像はこちらに掲載されています。ヒノマル Hinomaru戦前の『キネマ旬報』には、毎号ではないのですが、「アマチュア映画欄」のページが...

続きを読む

戦時下の小型映画

なかなか調べものをする時間がなくて、記事を投稿できませんでした。引き続き、小西六さくらのことを知りたくて、同じ時代をグルグルと回っていますが、その過程で、日本小型映画協会が発行していた雑誌『小型映画』を見ることができました。日本小型映画協会のことは小西六の社史にも載っていました。それ以前に存在していた、さくら小型映画協会、オリエンタルシネマ協会、日本パテ―シネ協会などを統合して1940年10月に発足した...

続きを読む

プロフィール

kogatasha0808

Author:kogatasha0808
文京区千駄木で活動しているコガタ社と申します。
ご家庭や地域で保管されている8ミリ・16ミリフィルムを中心に、状態や内容の調査、機材貸出・メンテナンスなどをお引き受けしています。
ここでは、主に小型映画について時おり調べたことを書いていきたいと思います。

検索フォーム

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

アクセスカウンター